投資

不動産投資をする際の絶対に【注意すべきリスクと対策】

不動産投資をする際の注意すべきリスクと対策


不動産投資をする際の注意すべきリスクと対策【注意点と対策方法】

「不動産投資には、どんなリスクがあるの?」

「不動産投資に失敗しないためにどのような対策をすればいいの?」

「親から譲り受けた不動産で、投資を始めてみようか考えてる」

そんな方に、不動産投資に詳しい「URUHOME」が解説します。

著者情報

不動産投資をする際の絶対に【注意すべきリスクと対策】with image|URU HOME

高橋 樹人

法政大学工学部建築学科卒、フリーカメラマンを経て、某中堅不動産仲介業者で7年勤務、成績優秀者賞等を受賞、月間最高売り上げ1800万円。退社後、株式会社ドリームプランニングに入社、底地、借地、再建築不可、市街化調整区域内の土地など、特殊な土地の売買を多く手掛ける。2020年8月より代表取締役に就任

著者が経営する「株式会社ドリームプランニング」は、日本全国の再建築不可物件や底地・借地などの特殊な不動産を専門的に扱う為、多数の相談を頂いてまいりました。

当サイトURUHOMEは、私達の積み上げてきたノウハウが不動産のお悩みを抱えていらっしゃる方々の問題解決に少しでもお役に立てればと思い、「ニッチな不動産のお悩み解決サイト」として立ち上げたものです。


大変ありがたい事に日本全国から不動産のご相談を頂いており、金額を即ご提示させて頂く無料査定は大変ご好評いただいております。
1億円程度であれば、現金決済可能で、東京、神奈川、千葉、埼玉、京都、大阪、兵庫、愛知は特に多く買取実績がございます。

一般のお客様にご売却するお手伝いもさせて頂きますので、お悩みの不動産がございましたら、
こちらからお気軽にご相談くださいませ。

1.不動産投資をする際の注意点

1-1.なぜ不動産投資をするのだろうか

不動産投資をする目的は人それぞれですが、多くの方は定期的な収入を求めて行います。その収入を日々の生活費の足しにしている人や収入で生計を立てる人もいます。他には、親から譲り受けた不動産をそのまま投資に利用する人もいます。一部では、節税を目的とした人もいます。

近年は、金利の低下によって銀行からの融資がされやすくなったり、定年退職による退職金、遺産相続などでまとまった資金を確保したという人が不動産投資を始めました。また、地価もバブルの時代ほど上昇していないので、不動産投資を行いやすいのも生じて不動産投資を始める人が増えています。

不動産投資をする理由を考えましょう
なぜ不動産投資なのか考えてから投資するようにしましょう

1-2.不動産投資に潜むリスク

不動産投資は定期的な収入を得るプラスな考えだけではなく、リスクがあることも忘れてはいけません。よくあるリスクは、「空室問題」「家賃の下落」「借り入れ金の金利上昇」です。

その他には、「不動産価値低下」「修繕費用の発生」「家賃滞納の問題」が存在します。

2.不動産投資をするうえでのリスク対策

2-1.不動産投資のリスクを理解する

不動産投資には、リスクは付き物です。それを知っているかどうかで大違いです。知っていれば物件の購入の失敗も少なくなるでしょう。

物件の購入する際には、空室か居住中かをしっかりとチェックすることが重要です。当たり前ですが、それによって収益の有無が決まります。アパートなどの複数の部屋がある場合も、空室の数には注意が必要です。

不動産投資には空室リスクもあります
不動産投資には空室リスクもあります

投資物件に類似した物件の家賃相場をチェックしておいた方が良いでしょう。類似した物件よりも家賃が高い場合、借主が家賃交渉を行う可能性もあります。その結果、想定していた収益よりも少なくなってしまいます。

周辺環境や自然災害などで不動産価値が低下してしまう可能性があります。近年、台風やゲリラ豪雨などの大雨により地盤沈下や河川の氾濫などが度々報道されていますが、投資物件の地域で被害など影響があれば、借主側としてはリスクと考えます。

災害に注意する為には自治体の発表するハザードマップを見るようにしましょう。

災害リスクも念頭に入れた上で不動産選びをしましょう
災害リスクも念頭に入れた上で不動産選びをしましょう

2-2.不動産投資のリスク対策

リスクを理解していれば対策をすることができます。空室問題を解消する場合、購入段階で居住中の物件を選ぶことで回避することができます。他には、間取りを考えることです。人それぞれの好みはあると思いますが、その時代の人気の間取りを選択することが重要です。

不動産投資は、想定外のこともよくあります。例えば、駅周辺は発展しやすいので、その分不動産価値が高いです。

しかし近年は、郊外の広大な土地に大型商業施設が建設される可能性もあり、駅から遠くても資産価値が上昇する可能性を秘めています。

ショッピングセンターの建設などで資産価値が上がる事も
郊外でもショッピングセンターの建設などで資産価値が上がる事も

不動産投資をする際には、想定外のことがあっても大丈夫なように自己資金には余裕を持たせておくのが良いでしょう。また、物件選びの際は、利回りだけで決めるのではなく、周辺環境を考慮して決めたほうが良いでしょう。

リスクを回避するにはプロの意見を聞くのも良い方法です。「不動産投資にこそ、セカンドオピニオンを」では、購入後に失敗しない為に、さすがにプロと言える客観的なアドバイスを聞く事も出来ます。

投資用不動産は、買った価格が高すぎたり、建物に瑕疵があるなどの場合、一度買ってしまうと中々売る事も難しくなってしまいます。投資用不動産で売買をお考えの方は投資用不動産に詳しいURUHOMEまでご連絡くださいませ。

Slide
URUHOME
BY
DREAMPLANNING CO.,LTD.
投資用不動産のプロである私達が
ご所有の不動産を高値買取いたします
一棟マンション
CONDOMINIUM
一棟収益ビル
BUILDING
アパート
APARTMANT
事務所・倉庫
EVERYTHING ELSE
×

大好評!不動産の無料査定はこちら