投資

【気を付けるべき】サラリーマンの不動産投資の失敗例



サラリーマンが行う不動産投資の失敗例【事例と注意点】

「不動産投資してみたいけど、どんな失敗例があるの?」

「サラリーマンでも不動産投資できる?」

投資する時にはどこに気を付けたらいいの?

そんな方に、不動産投資に詳しい「URUHOME」が解説します。

不動産投資での失敗についてはこちらの記事も参考になさって下さいませ。

1.不動産投資の注意点

1-1.情報を集めること

不動産投資を行う際に大事なことは、購入を検討している周辺の情報を集めることです。これを怠ってしまうと物件選びから失敗してしまいます。

では、具体的にどんな情報を集めたらいいのか、大きく分けると4つあります。

1つ目は、周辺の家賃相場を調べておくことです。そうすることで、参考にして家賃の金額を決めやすくなるからです。周辺よりも高く設定してしまうと、入居してもらえなくなってしまい、低すぎると収益を見込めず、ローンの返済が大変になります。

2つ目は、周辺の入居状況や取引事例を調べることです。もし、魅力的な物件があっても周辺の入居状況が悪ければ、住んでもらえない可能性もあります。

3つ目は、周辺に駅や病院、スーパー等の買い物施設があるかどうか。あるのど無いのとでは差があります。やはり、生活環境が整っている人気のエリアは、入居希望者が多いので空室のリスクは少なく、安定な家賃収入を得やすいです。

4つ目は、入居者の視点で考えることです。ここに住みたいと思ってもらえるような物件であるのか。例えば、退去者が出た後に室内をリフォームや修繕をして綺麗にしてから入居者募集をするのか。エアコンが古くなった場合に新しく買い替えるのか。女性に嬉しいオートロックの物件であるのか等、入居者側から考えるのも大事です。

情報を集めることで少しでも空室のリスクを減らすことが大事です。自分で情報を調べても不安が残るようであれば、購入する物件の注意点のセカンドオピニオンを貰えるサービス「不動産投資にこそ、セカンドオピニオンを」などもあり、大きな買い物を失敗しない為にも相談する事をお勧めいたします。

独学で不動産投資の知識を身に着けるのは大変です。なので、効率よく不動産投資の知識を身に着けたい方はファイナンシャルアカデミーのセミナーに参加してみてはいかがでしょうか?
参加が難しい方には、横浜の情報が主ですがWEBセミナーがある【グリップ】マンション経営の資料請求をしてみてはいかがでしょうか?

この他のセミナーについては、こちらの記事も参考になさって下さい。

1-2.節税目的で購入しないこと

その理由の1つは、節税の恩恵を受けるのは、収入が多く高額な納税をしている方たちです。そのような方たちが、高額な物件を購入する事で、不動産所得をマイナスにし節税をしています。

2つ目にの理由としては、サラリーマンが行う不動産投資の多くはワンルームマンションですが、ワンルームマンションの区分投資では節税効果はあまり期待できません。なぜなら、節税をするには不動産所得がマイナスにならないといけないからです。マイナスにするには、必要経費が家賃収入を上回らないといけないが、区分投資だと必要経費が一棟投資に比べ限られています。なので、節税を目的にするよりも家賃収入を増やすことを考えた方が無難でしょう。

節税目的の投資はあまりお勧めできません

節税に関してはこちらの記事も参考になさって下さい。

不動産投資をするならば、失敗しないためにも情報を集めることが大切です。また、自分自身はどんな物件に住みたいか等を考えて物件選びをするといいでしょう。購入した後も、時代によって入居者のニーズは変化しますので、情報収集を欠かさずにしましょう。

不動産投資は手間がかかると思った方は、お手軽に1万円から始められるクラウドファンディング不動産投資「A funding」というものもあります。

他にも少額から始めることができる投資がありますので、こちらの記事も参考になさって下さい。

URUHOME
BY
DREAMPLANNING CO.,LTD.
投資用不動産のプロである私達が
ご所有の不動産を高値買取いたします
一棟マンション
CONDOMINIUM
一棟収益ビル
BUILDING
アパート
APARTMANT
事務所・倉庫
EVERYTHING ELSE
Slider