再建築不可, 連棟式建物

連棟式建物のリフォーム方法『注意点・お勧め業者』



連棟式建物のリフォーム方法≪注意点・お勧め業者≫の解説します

「連棟式建物を所有しているけど、どんなところに注意してリフォームすればよい?」と悩まれている方向け、注意点とお勧めの業者のご紹介です。

連棟式建物を購入、所有していてリフォームしたい方、何に注意してリフォームすれば良いか気になりませんか?

実際にリフォームする際の注意点とお勧めの業者さんをご紹介いたします。

1.連棟式建物をリフォームする際の注意点

1-1.耐震補強工事をする際は、つながっている全ての建物の補強をする必要があります。

連棟式建物をリフォームする場合、そのうちの一つだけ耐震補強工事をしてもあまり効果が無く、建物全体の補強工事をしなければ効果は見込めません

特に旧耐震と言われる昭和56年以前に建てられた建物はそれ以降と比べて耐震基準が緩く、建物もあまり期待できません。

1-2.基本的にリフォームローンが使いにくい

連棟式建物は購入する時だけでなく、リフォームする時もローンが使いにくいというデメリットがあり、現金でリフォームすることが多いです。

リフォームの場合でも金融機関が連棟式建物に融資するのは難しい

1-3.構造上主要な部分や雨漏りの補修などが難しい

連棟式建物は建物が連なって建築されているため、傾きがあったりしても建物全体を直さねばなりません。また、雨漏りなどが発生した場合で、発生箇所が他人の専有部分で所有している専有部分まで進行していたとしても、元となる箇所を直さないと何時までたっても雨漏りは治りません。

自然災害で大きな問題が発生した場合などにおいても、だれが幾ら費用負担をするかなどの問題もあります。

2.連棟式建物をリフォームするときのおすすめリフォームサービス

2-1.ハウジングバザール

ハウジングバザール
厳選リフォーム会社を無料でご紹介!

ハウジングバザールが運営する「厳選リフォーム会社を無料でご紹介!」では自然素材リフォームの見積もりを簡単にできます。リフォーム予定地と物件市種別、リフォームの希望内容を入力するだけで、厳選したリフォーム工務店の中から、見積もりを簡単にできます。

耐震補強をする必要があるかも相談することも可能ですので、第三者の意見を比較しながら決めるようにしましょう。

2-2.外壁塗装の駆け込み寺

【外壁塗装の駆け込み寺】屋根や外壁塗装の見積もりを高品質な優良業者から一括見積が出来ます。お住まいの地域での優良業者が見つかるため、外壁塗装料金が50%以上違うこともあります。

お住まいの地域で一括見積で外壁塗装料金を比較できるのも非常に便利です。

外壁塗装の駆け込み寺
【外壁塗装の駆け込み寺】
連棟式建物のリフォーム方法『注意点・お勧め業者』with image|URU HOME

2-3.リフォーム比較プロ

リフォーム比較プロ
どんなリフォーム工事も可能|リフォーム比較プロ
連棟式建物のリフォーム方法『注意点・お勧め業者』with image|URU HOME

どんなリフォーム工事も可能|リフォーム比較プロ」では、リフォーム工事場所とリフォーム内容を入力するだけで、3~4社の見積もりを比較検討することが出来て、その中から一番安い工務店を選ぶことも可能です。

同じリフォーム内容でも、補償内容も提案内容も工務店によって違うため、きちんと確認するようにしましょう。

連棟式建物をリフォームする際は、きちんとリフォーム耐震リフォーム工事なども必要か確認したうえで、リフォームの見積もりをするようにしましょう。

URUHOME
BY
DREAMPLANNING CO.,LTD.
ニッチ不動産のプロである私達が
お困りの不動産を高値買取いたします
再建築不可
CAN NOT BE REBUILT
底地・借地
LAND・LEASED LAND
市街化調整区域
URBANIZATION CONTROL AREA
私道・階段
PRIVATE ROAD
Slider