11の結果を表示中
底地相続登記義務化アイキャッチ
底地, 底地・借地・使用貸借・賃貸借

底地の相続登記が義務化!何をすればいいの?不動産プロが徹底解説!

2024年4月から底地の相続登記が義務化されたけど…底地の相続登記とは何をするの?義務に違反すると過料10万円?底地の相続登記の手続きや費用は?必要書類は何を用意すればいいの?今回は底地の相続登記義務化について、底地取引のプロであるドリームプランニングの社長が徹底解説!

アイキャッチ境界未確定
売却が難しい不動産, 売却方法

境界未確定の不動産を売却するには?トラブル事例や解決方法など徹底解説!

「境界未確定のため確定させてからでないと売れない」と言われ困っている方必見!実は、境界未確定のまま売却する方法もあります。また、隣地所有者が立ち会いを拒否している場合の境界確定方法や、よくあるトラブル、筆界と所有権界の違いを境界未確定でも買取が出来る不動産会社の社長が解説します。

市街化調整区域とは?
市街化調整区域, 市街化調整区域、山林、生産緑地

市街化調整区域とは何か?市街化区域との違いは?

「市街化調整区域って何?」「市街化調整区域の不動産は家が建てられないと聞いた。再建築出来ないってホント?」と疑問をお持ちの方必見!市街化調整区域とは何か、建物を建てられるかどうかなどについて、市街化調整区域の買取会社の社長が分かりやすく解説いたします。

市街化調整区域に家を建てる
市街化調整区域, 市街化調整区域、山林、生産緑地

市街化調整区域に家を建てたい!【裏ワザも解説】

『市街化調整区域だから家を建てることはできない』と役所や不動産業者に言われた!しかし本当に市街化調整区域には家が建てられないのか、建てる裏技は無いのか気になるところです。そこで今回、市街化調整区域の買取会社ドリームプランニングの社長が市街化調整区域で家を建てる方法・裏ワザを解説いたします。

市街化調整区域の売却
市街化調整区域, 市街化調整区域、山林、生産緑地

市街化調整区域の不動産は売却できない?【高値売却のコツをプロが解説】

「市街化調整区域にある不動産を売却したいけど『調整区域だから売却できない』と不動産業者に言われた」「市街化調整区域の家を高値で売却したいけど、よい方法はないか」とお困りの方も多くいらっしゃるかと思います。そこで今回、市街化調整区域の買取会社社長が調整区域の不動産を高値で売却するポイントを解説いたします。

所有者不明土地法
売却が難しい不動産

『所有者不明土地法』で休眠土地が変わる?関連法と合わせて徹底解説!

所有者不明土地法・関連法とは何?休眠土地の問題が解決するの?休眠土地でお困りの皆様に所有者不明土地法・関連法は問題解決に役立つのでしょうか。今回は当サイトURUHOME[ウルホーム]を運営する不動産買取会社ドリームプランニング社長が、所有者不明土地法や関連法を徹底解説。休眠土地を再生するご参考にどうぞ。

山林, 市街化調整区域、山林、生産緑地

山林に家や工場を建てるルールとは?【市街化調整区域・都市計画区域外など】

山林に家や工場を建てたいけど、山林が市街化調整区域や都市計画区域外でも大丈夫?市街化調整区域や都市計画区域外には家や工場を建てる上でルールがあります。今回は当サイトURUHOME[ウルホーム]を運営する不動産買取会社ドリームプランニング社長が、山林など市街化調整区域や都市計画区域外に家や工場を建てるルールを徹底解説!

借地借家法第10条「借地権の対抗力」
借地, 底地, 底地・借地・使用貸借・賃貸借, 賃貸借契約

借地借家法第10条「借地権の対抗力」【借地権の存在を証明する】

借地借家法の借地権って何?借地借家法とはどんな法律?借地権とはどんな権利?借地借家法の借地権を知らないと、後でトラブルに巻き込まれてしまうかも…今回は当サイトURUHOME[ウルホーム]を運営する不動産買取会社ドリームプランニング社長が、借地借家法と借地権の関係を分かりやすく解説いたします!

山林, 崖地・傾斜地, 市街化調整区域、山林、生産緑地

山林・傾斜地を宅地にするには【地目変更の手順と造成工事費用】

山林を宅地に地目変更するにはどうする?山林を宅地に地目変更した後、造成工事の費用や手続き、造成工事の注意点は?今回は当サイトURUHOME[ウルホーム]を運営する不動産買取会社ドリームプランニング社長が、山林を宅地に地目変更する方法や造成工事の費用や注意点などを徹底解説いたします!

連棟式建物

連棟式建物の登記【手続きの流れ・必要書類・費用などを徹底解説!】

連棟式建物の登記はどうするの?連棟式建物を登記する流れや必要書類、費用を知りたい!連棟式建物の登記の必要書類や費用について、当サイトURUHOME[ウルホーム]を運営する不動産買取会社ドリームプランニング社長が徹底解説!連棟式建物の登記の必要書類や費用を把握して、スムーズに手続きしましょう!

×

大好評!不動産の無料査定はこちら