5の結果を表示中
売却が難しい不動産, 売却方法

建蔽率、容積率オーバー物件のメリット・デメリット、融資、罰則について解説

「建蔽率(建ぺい率)、容積率をオーバーしている家」を売却したい方、「建蔽率(建ぺい率)、容積率をオーバーしているので住宅ローンが通らず売れない」と言われ困っている方必見!建蔽率・容積率オーバーの住宅の売却方法、売買するメリット・デメリット、罰則、ローンが組めるかなどについて不動産屋社長が解説いたします。

リフォーム, 再建築不可, 連棟式建物

連棟式建物のリフォーム方法『注意点・お勧め業者』

連棟式建物をリフォームする方法は?注意点は?連棟式建物の特性に合ったリフォームをする必要があります。そこで今回は、当サイトURUHOME[ウルホーム]を運営する不動産買取会社ドリームプランニング社長が、連棟式建物のリフォームをする上での注意点などを徹底解説いたします!

連棟式建物

連棟式建物の切り離しのルールと費用『99%の不動産屋が知らない』

連棟式建物の切り離しには、ルールと費用を把握する必要があります。ルールと費用を把握しないで連棟式建物を切り離してしまうと、思わぬ痛手を受けてしまうかもしれません。今回は当サイトURUHOME[ウルホーム]を運営する不動産買取会社ドリームプランニング社長が、連棟式建物の切り離しルールや費用を徹底解説します!

売却が難しい不動産, 売却方法, 崖地・傾斜地

傾斜地(地下室)マンションは何が問題?【売却方法も解説】

傾斜地マンション(地下室マンション)の問題点とは?傾斜地マンション(地下室マンション)は売却しにくい?売却する方法は?今回は当サイトURUHOME[ウルホーム]を運営する不動産買取会社ドリームプランニング社長が、傾斜地マンション(地下室マンション)の問題点と売却方法を徹底解説いたします!

市街化調整区域, 市街化調整区域、山林、生産緑地

市街化調整区域内の建蔽率、容積率について『どうなってるの?』

市街化調整区域の建蔽率や容積率はどうなっている?そもそも市街化調整区域とは?建蔽率・容積率とは?今回は当サイトURUHOME[ウルホーム]を運営する不動産買取会社ドリームプランニング社長が、市街化潮汐区域の建蔽率や容積率について徹底解説!市街化調整区域で建築行為を検討している方は必見です!

×

大好評!不動産の無料査定はこちら