「一棟マンションの経営が大変なので、業者に買取りして欲しい」
「一棟マンションを相続したけど、持て余してしまうので買取りして欲しい」
ニッチな不動産でおなじみドリームプランニングでは、不動産に関するお悩み相談が日々寄せられています。

「神奈川県で一棟マンションを買取りしてくれる業者を教えてほしい!」
そんなご要望に応えて、今回は神奈川県の一棟マンション買取り業者を紹介。他にもより高く買取りしてもらう方法や注意点など、徹底解説してまいりましょう!

【この記事は、こんな方向けに書いています】

著者情報

【神奈川県版】一棟マンションの買取りに強い業者5選!業者選びのポイントや注意点などwith image|URUHOME

株式会社ドリームプランニング 代表取締役 高橋 樹人

法政大学工学部建築学科卒、中堅不動産仲介業者を経て、株式会社ドリームプランニングに入社。底地、再建築不可、市街化調整区域内の土地など、特殊な土地の売買を多く手掛ける。2020年8月より代表取締役に就任

著者が経営する「株式会社ドリームプランニング」は、2005年の創業より一棟マンションの不動産を買取りする専門業者として日本全国で訳アリ物件を買取してまいりました

大変ありがたいことに神奈川・東京をはじめ日本全国から不動産のご相談を頂いており、5,000万円位までの不動産であれば最短2日で買取りさせていただくことも可能です。

一棟マンションの不動産売却でお困りでしたら、こちらからお気軽にご相談くださいませ。

  1. 神奈川県で一棟マンションの買取りに強い業者5選!
  2. 一棟マンションの買取り業者を見極めるポイントは?
  3. 一棟マンションの買取りを検討すべき5つのタイミング
  4. 神奈川県の一棟マンションを高く買取りしてもらうポイントは?
  5. 神奈川県の一棟マンションを買取りする流れは?
  6. 一棟マンションにかかる相続税は?
  7. 一棟マンションを放置するリスクやトラブル事例は?
  8. 神奈川県の一棟マンション買取りなら、URUHOMEへご相談を

1.神奈川県で一棟マンションの買取りに強い業者5選!

神奈川県で一棟マンションの買取りをお考えでしたら、こちらの5社をおすすめします。

「自分で買取り業者を探すのがめんどくさい!」という方は、こちらの中から2~3社を選んでお問い合わせください。

複数社に買取り査定を依頼することで、一棟マンションの相場観が分かりますし、担当者との相性も分かるからです。また、業者間で買取り価格を競うこともあるでしょう。

ただし、あまり多くの買取り業者に依頼してしまうと、対応に追われるばかりで結局買取り価格も大して変わりません。

もちろん、皆さん自身で買取り業者を探したい方には、次章以降で探し方やポイントを解説いたします。

1-1.(株)ドリームプランニング

【神奈川県版】一棟マンションの買取りに強い業者5選!業者選びのポイントや注意点などwith image|URUHOME

「不動産のあらゆる問題を解消し、人々の喜びと幸せを追求する」

当サイトURUHOMEを運営するドリームプランニングでは、2005年の創業以来一棟マンションの買取り業者として、神奈川・東京を中心に一棟マンション取引を手がけてまいりました。

一棟マンションビルの買取り・再生・販売までを自社で完結できるため、コストをおさえてお客様の利益を最大化できます。

不動産再生を通じて、日本の社会問題に立ち向かう。そんな不動産ベンチャーのパイオニアとして、横浜から世界一を目指す会社です。

一棟マンションビルの買取り業者では珍しく、どんな物件でも買取りさせて頂いております。

旧耐震の一棟マンションや、居住者が居なくなってどうしようもない一棟マンションも買取させて頂いておりますので、まずはお気軽にご相談ください!

1-1-1.(株)ドリームプランニング・企業データ

会社名株式会社ドリームプランニング
免許神奈川県知事(4)第25679号
創立2005年7月
事業内容負動産(ニッチな不動産)の買取り・再生・販売・不動産売買仲介・不動産テック
資本金1,000万円
代表者代表取締役 髙橋樹人(たかはし たつひと)
本社〒231-0023 神奈川県横浜市中区山下町252 グランベル横浜10F
電話番号045-641-5480
FAX045-641-5490
HPhttps://dream-plan.com/
営業時間9:30~18:30
定休日水曜日・日曜日(祝日は営業)
運営サイト不動産のお悩み解決サイト URUHOME(ウルホーム・当サイト)
 業界初の不動産SNS UCIKATU(ウチカツ) https://ucikatu.com/

1-2.株式会社アクセルワン

【神奈川県版】一棟マンションの買取りに強い業者5選!業者選びのポイントや注意点などwith image|URUHOME

企業理念は「知識よりも知恵を優先とすべし」。お客様と共にWin-Winの関係で成長を続けている会社です。

アクセルワンでは創業から26年間にわたって投資物件を取り扱っており、豊富な実績と経験から培われた知恵を、お客様の役に立ててくれるでしょう。

首都圏をメインにカバーしており、一棟マンションだけでなく、アパートやビルなど一棟収益物件の相談も可能です。

一棟マンションの買取り査定は無料、HPの専用フォームからご依頼ください。

1-2-1.株式会社アクセルワン・企業データ

会社名株式会社アクセルワン
免許東京都知事(2)第102303号
事業内容不動産の売買及び仲介、不動産に関するコンサルティング事業
資本金900万円
代表者代表取締役 宮寺勝
本社〒194-0022 東京都町田市森野1-33-11 町田森野ビル302
電話番号042-710-7622
HPhttps://www.accel-one.co.jp/ 
営業時間9:30~19:00
定休日火曜日・水曜日

1-3.株式会社クリスティ

【神奈川県版】一棟マンションの買取りに強い業者5選!業者選びのポイントや注意点などwith image|URUHOME

クリスティは埼玉県さいたま市を中心に、首都圏の不動産売買・賃貸管理・リフォームを行っています。

一棟マンションの買取りだけでなく、不動産投資の初心者からベテランまで幅広いアドバイスがもらえるでしょう。

また、営業スタッフ紹介ページにはそれぞれの滝行経験数(社長の趣味?)が記されており、非常に個性的な会社みたいですね。

彼らに興味を持たれたら、一度問い合わせてみてはいかがでしょうか。

1-3-1.株式会社クリスティ・企業データ

会社名株式会社クリスティ
免許埼玉県知事(2)第23072号
創立2007年10月
事業内容事業用・戸建・土地・マンション他の売買、賃貸管理、増改築・リフォーム全般
資本金1,000万円
代表者代表取締役 新川義忠
本社〒330-0844 埼玉県さいたま市大宮区下町1-51 木崎屋ビル2F
電話番号048-645-3333
FAX048-645-7881
HPhttps://www.christy.co.jp/ 
営業時間9:30~その日の仕事が終わるまで(HPより)
定休日火曜日・水曜日

1-4.株式会社プライムパートナーズ

【神奈川県版】一棟マンションの買取りに強い業者5選!業者選びのポイントや注意点などwith image|URUHOME

(1)お客様にとってベストな提案(2)客観性と透明性の高い不動産評価(3)スピード感ある対応をモットーとする会社で、関東エリアを中心に一棟マンションの買取りを手がけています。

ただ買取りありきではなく、一棟マンションの再生活用なども視野に入れたお客様にとってのベストを追求する姿勢に誠実さが感じられるでしょう。

どんな小さなことでも大丈夫なので、一棟マンションについてお悩みがありましたら、お気軽にお問い合わせください。

1-4-1.株式会社プライムパートナーズ・企業データ

会社名株式会社プライムパートナーズ(Primepartners Co.,Ltd.)
免許東京都知事(2)第96490号
創立2014年2月
事業内容不動産の売買、賃貸、管理及びその仲介/不動産の物件調査及び鑑定評価、資料収集業務/不動産に関するコンサルティング、ほか
資本金500万円
代表者代表取締役 杉山真司
本社〒103-0022 東京都中央区日本橋室町4-3-10-2F
電話番号03-6262-3673
FAX03-6739-3974
HPhttp://prime-p.com/index 
営業時間9:30~21:00
定休日日曜日・祝日(予約可)

1-5.株式会社ケイズホーム

【神奈川県版】一棟マンションの買取りに強い業者5選!業者選びのポイントや注意点などwith image|URUHOME

持て余している一棟マンションをすぐにも現金化したい方にはおすすめの一社と言えます。

自社買取りであれば最短ケースで3日から30日の現金化を実現。直接買取りのため中間マージンが発生せず、お客様の利益を最大化できるでしょう。

一棟マンションだけでなく、一棟アパートについても買取りを強化しているので、一棟アパートの買取りを検討している方も相談してみるのがおすすめです。

他にも未接道や旗竿地など、通常だと買取りが難しい訳あり不動産についても取り扱ってくれるので、そちらの相談もできます。

1-5-1.株式会社ケイズホーム

会社名株式会社ケイズホーム
免許東京都知事(5)第81953号
創立2003年4月
事業内容不動産仲介・不動産管理・不動産投資コンサルティングほか
資本金1,000万円
代表者代表取締役 加瀬恵一
本社〒150-0042 東京都渋谷区宇田川町36-2-603
電話番号03-5784-1305
FAX03-6868-3274
HPhttps://kshome.jp/ 
営業時間10:00~18:00
休業日の内見は事前予約可
定休日水曜日・日曜日ほか年末年始・夏季休暇

2.一棟マンションの買取り業者を見極めるポイントは?

前章でおすすめした5社の他にも、一棟マンションの買取りを相談を検討してみたい方に向けて、よりよい買取り業者を見極めるポイントも解説しましょう。

結論としては、突き詰めれば「あなたの利益を最大化できる買取り業者」がベスト。そのためにはどんなポイントを見るべきなのか、チェックしたいと思います。

2-1.仲介よりも、自社で直接買取りする業者

一棟マンションの売却を不動産会社に仲介してもらうと、当然ながら仲介手数料が発生します。

対して一棟マンションの直接買取りであれば、仲介手数料は発生しません。仲介していないのだから当たり前ですね。

仲介手数料は一棟マンションの取引価格によって変わりますが、たいてい取引価格の3%+6万円に消費税と覚えておけばいいでしょう(取引価格400万円超の場合)。

例えば一棟マンションの取引価格が1億円としたら、仲介手数料は336.6万円(消費税込み)にもなってしまいます。これがゼロになるのは嬉しいですよね。

ただし、中には一棟マンションの買取りを謳っている会社でも、実際には他社への買取りをの仲介しているだけの場合があります。

それだと仲介手数料が発生してしまうので、一棟マンションを自社で買取りしている業者がどうかをあらかじめ確認しておきましょう。

2-2.転売だけでなく、自社保有もできる業者

買取りした一棟マンションについて、転売ありきの業者だと、仕入れ値を少しでも安くおさえたい事情があります。

そのため、一棟マンションを買い叩こうとしてきますが、利益を追求したい彼らの立場も解らないではありません。

一方、買取りした一棟マンションを自社保有もできる業者はどうでしょうか。

買取りした一棟マンションをなぜ自社保有するかと言えば、もちろん収益化するためです。

一棟マンションを再生・収益化できる見通しがあるからこそ、その利益も織り込んだ(上乗せした)買取価格を提示できます。

少しでも安く買取りしたいのはこちらも同じですが、それで他社に買い負けては元も子もありません。だからなるべくお客様に利益を還元してくれるでしょう。

だから一棟マンションを買取りした後、自社保有できる業者を選ぶのがおすすめです。

2-3.一棟マンションを現状買取りできる業者

一棟マンションの買取りを依頼すると、買取り業者の中には色々と条件をつけてくるケースもあります。

「賃料を滞納している入居者を何とかしたら買取ります」「もう建物が老朽化しているので、解体して更地でなら買取ります」……等など。

それらが何とか出来ないから一棟マンションの買取りを考えている方にとっては、まさに手詰まりと言える窮地です。

しかし一棟マンションを現状で買取りしてくれる業者もいるから心配ありません。彼らは一棟マンションの取り扱い経験が豊富なため、自社で問題を処理した方が安く上げられます。

ある買取り業者に「こんな一棟マンション、どこに出しても買取りできない」なんて言われても、諦めずに買取りできる業者を探しましょう。

2-4.契約不適合責任を免責にしてくれる業者

一棟マンションを売却する上で、何より注意しなければならないのが契約不適合責任です。

契約の目的を果たせないような不具合が後から見つかった場合、売主は買主に対して責任を負わねばなりません。

一般人が売主となる同士の取引なら「契約不適合責任を負わない」旨の特約を定めることもできますが、相手によっては何かあるのかも知れないと警戒して、なかなか売れなくなるリスクが高まります。

契約不適合責任を始めから免責してくれる買取り業者であれば、安心して一棟マンションを買取りに出せるでしょう。

前項でもふれたように、彼らは一棟マンションの取引経験が豊富なためから、何かしらトラブルがある&自力で解決することを前提に買取りしています。

リスクを織り込んでいる分、買取り金額は下げられてしまうものの、契約不適合責任がの免責さが得られるのであれば安いものです。

2-5.神奈川県の地域事情に精通している業者

神奈川県の一棟マンションを買取りに出すなら、地域の事情に精通している買取り業者の方が有利になります。

なぜならネット上でしか情報を得ていない買取り業者に比べて、神奈川県の地域特性を活かした利活用の選択肢引き出しを多く持っているからです。

例えば「神奈川県内のこの地域は単身居住者が多いから、どの設備を優先的に充実させるべき。逆にこの設備はあまり重視されない」とか、等とそういった、きめ細やかな対策が可能となるでしょう。

だから他社では一概に「ウチでは買取りできません」と言われてしまっても、他の買取り業者が救いの手を差しのべられるケースがあります。

業者のホームページ上で「神奈川県『も』対応している」のか、それとも「神奈川県『を』中心に対応している」のかをチェックしておきましょう。

3.一棟マンションの買取りを検討すべき5つのタイミング

一棟マンションを買取りに出すのは、いつがいいのでしょうか。

「今でしょ!」と言いたいところですが、買取りを検討すべきタイミングは大きく5つあります。
具体的に解説していきましょう。

3-1.不動産価格が上昇トレンドに乗っている時

不動産価格は景気に対応しながら、ある程度の周期で波のように上下する傾向があります。

上昇トレンドに乗っている時は不動産取引が活発になるため、一棟マンションの買取りも高額査定が出やすくなるでしょう。

ただし不動産価格のトレンドは見極めが難しく、また誰の目にも明らかなバブルの時は注意が必要です。

基本的に、不動産価格のトレンドは上昇/下降ともにゆっくりで、長期間にわたるとなる傾向があるため、慌てず着実に買取りを進めていきましょう。

3-2.一棟マンションが築20年を超えそうな時

基本的に、一棟マンションの価格は築1年目(完成した瞬間)から大なり小なりずっと下がり続けます。

ただし時期によって価格の下落幅が緩やかとなるタイミングがあり、築11~20年ごろの下げ幅がもっとも緩やかです。

築20年を過ぎると再び大きく落ち込んでいくため、一棟マンションの買取りを検討するタイミングとしては、築20年までが妥当と言えるでしょう。

また、一棟マンションを売却する場合、買い手のローンが組める期間は下記でご説明する耐用年数から経過年数を引いた年数しか組めません。

つまり、築年数が20年経過しているマンションは、鉄筋コンクリート造の耐用年数47年-経過年数20年=27年のローンが限度になります。

築年数が古くなればなるほどローンが組みにくくなるため、買い手が限られてくることに注意しましょう。

しかし、当サイトURUHOMEを運営するドリームプランニングでは、耐用年数の47年を過ぎていても買取可能ですので、お気軽にご相談下さい。

3-3.周辺環境が激変する可能性がある時

一棟マンションの買取り価格は、建物自体の価値だけでなく、周辺環境や立地条件の変化にも影響を受けます。

例えば駅前の再開発や大規模施設の誘致など、周辺環境が大きく好転する期待が高まっている時は一棟マンションを買取りに出す絶好のタイミングと言えるでしょう。

反対に、ごみ焼却場や廃棄物処理場など嫌悪施設の建設予定が持ち上がっている場合などは、買取価格が大きく下落することが予想されます。

ポジティブな時は期待感の熱が冷めないうちに、ネガティブな時は少しでも早めに一棟マンションを買取りに出すのがおすすめです。

そんな中、明らかにタイミングを逃してしまった時は慌てて投げ売りせず、地域市場が落ち着くのを待ってから買取りに出すのがいいでしょう。

3-4.減価償却期間が満了する時

減価償却とは、一棟マンションの法定耐用年数に応じて、かかった費用を分割で経費として計上することを言います。

【一棟マンション・構造体の法定耐用年数】

鉄骨鉄筋コンクリート造47年
鉄筋コンクリート造47年
レンガ造・石造・ブロック造38年

【付属設備の法定耐用年数】

昇降機(エレベーター・エスカレーター)17年
アーケード・ひさし類金属製15年/その他8年
共用部の舗装(コンクリート・レンガ等)15年
給排水・衛生設備15年
電気設備全般15年
簡易建物(ガレージ・物置等)10年
自動ドア6年
監視カメラ・インターホン・モニター等6年

耐用年数が過ぎたものについては資産価値が0円となり、経費計上できないため節税になりません。

加えてパーツの交換や修繕に費用がかさんでいくため、一棟マンションの収益を圧迫することになります。

付属設備の法定耐用年数に合わせて築10~20年くらいで一棟マンションを買取りに出すのが程よいタイミングと言えるでしょう。

3-5.資産整理などで一棟マンションを手放す時

資産整理の一環として一棟マンションを手放す。または相続した一棟マンションを持て余している時なども、買取りに出すべきタイミングです。

  • 一棟マンションを経営する意思がないので、所有するのが負担になる。
  • 一棟マンションは経営したいが、これ以上の赤字を増やしたくない。
  • 可能であれば現金化して、他の資金にあてたい。

そういう時は無理に経営を立て直そう盛り返そうとせず、買取り業者に一棟マンションの買取り相談をするのがいいでしょう。

一棟マンションの買取りなら、URUHOMEへご相談を
一棟マンションの買取りならURUHOMEにお任せ!
最短2時間で査定可能!高値買取いたします
一棟マンションの買取りを電話で相談
一棟マンションの買取りをメールで相談

4.神奈川県の一棟マンションを高く買取りしてもらうポイントは?

神奈川県の一棟マンションを高値で買取りしてもらうためには、おさえておくべきポイントがあります。

あまり細かく解説すると話が長くなってしまうため、ここでは大きく4つに絞っていきましょう。

4-1.神奈川県の一棟マンション買取り相場を把握しておくこと

自分の一棟マンションが、どのくらいの相場で買取りされているのか?その相場を知っておくことで、適切な目線(高望みも安売りもしない買取り価格設定)が定められます。

ただし「神奈川県の何市ならいくらで買取りできる」と一概には言えないため、類似物件の成約データを調べることで一棟マンションの取引相場を探りましょう。

国土交通省の「土地総合情報システム」を利用すると、過去の取引データを調べられます。

※参考:国土交通省 土地総合情報システム

4-2.一棟マンションの空室率を低くしておくこと

一棟マンションを購入するのは、投資用物件として収益を見込んでいるからです。

なのに空室が目立っていたら、収益を得られる可能性を魅力が見込め感じられず、高値で購入しようとは思いません。

ですから一棟マンションを高く買取りしてもらうために、空室を減らして稼働率を上げる必要があります。

一番安直な方法が賃料の値下げですが、あまり露骨だと既存の入居者から不満の声が上がってしまうでしょう。

そうなると既存入居者の賃料も下げねばならず、稼働率は高くても収益が低い本末転倒状態になってしまいます。

一棟マンションの稼働率を上げるためには物件自体の魅力を高めるのが王道。ただし費用対効果を見誤ると、かえって赤字になってしまうので注意しましょう。

4-3.一棟マンションの外観や設備をメンテナンスしておくこと

一棟マンションを高く買取りしてもらうには、高く買取りするだけの付加価値を提供することです。

建物自体をキレイにクリーニングしたり、設備をグレードアップしたりリニューアルしたり等、一棟マンションの買取りに臨んで出来ることはたくさんあります。

ただし費用倒れでは本末転倒。かけた費用の割にあまり付加価値が認められない≒コスパの悪いものは割愛しましょう。

どこに手をつければ、よりコスパよく一棟マンションの価値を高められるのか。この辺りもケースバイケースなので、買取り業者の見定めも兼ねて相談してみるのも一策です。

4-4.入居者の問題を解決しておくこと

一棟マンションを経営する上で、最も頭を悩ませるツートップが維持コスト費用そして人間関係ではないでしょうか。

「賃料を滞納している入居者がいる」
「規約違反を繰り返す入居者がいる」
「入居者の中にトラブルメーカーがいる」

こういった問題を抱えていると、いくら好立地&好条件であっても、その一棟マンションを購入したい・住みたいとは思わないものです。

人間がからむことなので一概には言えないものの、粘り強く取り組んでいくしかありません。

ただ、入居者トラブルを抱えたまま一棟マンションを買取りしてくれる専門業者もいるので、そういうところにお願いできたらありがたいですね。

5.神奈川県の一棟マンションを買取りする流れは?

さて、一棟マンションの買取りと一口に言っても、不動産取引に慣れていない方は具体的に何をしたらいいのか戸惑ってしまうでしょう。

なのでここでは、一棟マンションの買取りがどんな流れで行われるのか、皆さんが具体的に何をしたらいいのかを解説していきます。

5-1.一棟マンションの買取り依頼・ヒアリング

【あなたがすること】
(1)一棟マンションの書類を準備する
(2)買取り業者に連絡して、一棟マンションの買取り希望と概要を伝える
(3)買取り業者の担当者に詳しく説明する

一棟マンションを買取りに出すなら、まずアクションを起こさなければなりません。

買取りしてほしい一棟マンションの物件資料(権利書など)をなるべく用意して、先ほど解説した基準で選んだ買取り業者に連絡しましょう。

物件資料が揃っているほど具体的な話ができるので、査定金額が出るのも実際の買取りもスピーディに進みます。

少なくとも、買取りしてほしい一棟マンションの住所くらいは分からないと、買取り業者も冷やかしと思ってしまうかも知れません。

5-2.一軒マンションの物件調査(書類・役所・現地)

【あなたがすること】
(1)特になし。買取り業者の調査結果を待つ
(2)買取り業者から何かあった場合は、調査に協力する

一棟マンションの買取り査定をお願いしたら、買取り業者が一棟マンションを徹底的に調査します。

転売にせよ、自社保有にせよ、どうすればお客様の利益を最大化できるか。自分たちの利益も比例してくるため、この辺りは真剣勝負です。

物件調査の間、あなたができることは特にありません。査定期間はおおむね1~2週間、他のことをしながら査定結果をお待ちください。

ちなみにドリームプランニングでは、資料が充実していたり条件がシンプルであれば最短2時間で査定完了したケースもあります。

5-3.一棟マンションの査定結果通知

【あなたがすること】
(1)買取り業者から一棟マンションの査定結果を受け取る
(2)買取り金額に納得すれば買取り条件協議へ進む
(3)買取り金額に不満ならば別の買取り業者に依頼

買取り業者から一棟マンションの査定金額が出たら、それでOKかNGかを判断して下さい。NGなら振り出しに戻ります。

OKなら買取り業者と一棟マンションの買取り条件を協議しましょう。注意すべきは、買取り額面は高くても、実際には色々と手数料が発生するケース。

目先の大きな金額に舞い上がってしまわないよう、見積書の内容をしっかり把握しておきましょう。

5-4.一棟マンションの買取り条件協議

【あなたがすること】
(1)買取り業者と一棟マンションの買取り条件を協議する
(2)買取り条件に納得できれば売買契約へ進む
(3)買取り条件に不満なら別の買取り業者へ依頼

一棟マンションの買取り条件として、残置物をどうするのか等が問題になります。

残置物は売主が撤去するのか、そのまま買取りしてくれる場合も撤去費用は買主持ちなのか、売主負担なのか。

よく揉めるのが「そのまま置いていっていいよ」と言われたので、当然無料であろうと思ってエアコンや家財道具を置いていったら、しっかり撤去費用を請求された等のケース。

本来なら「置いていった場合、撤去費用がかかります。自分で撤去する手間とどっちがいいか考えて下さいね」とでも伝えるべきでしょうが、そういう条件についてあらかじめ意思を共有しておくのがおすすめです。

5-5.一棟マンションの売買契約締結

【あなたがすること】
(1)本当に一棟マンションを買取りしてもらうか熟慮する
(2)買取り業者と一棟マンションの売買契約を締結する

一棟マンションの買取り条件に双方合意できたら、売買契約を締結しましょう。

よく「都合の悪いことは小さな字で書いてある」なんて冗談半分に言われますが、本当にちゃんと確認して下さい。

いくら買取り条件の協議時点で調子のよいいことを言っていても、売買契約書に書かれていなければ、何の意味もありません。

逆もしかりで、協議の際に出ていなかった不利な買取り条件でも、売買契約書に書かれていれば有効になってしまいます。

この段階まで話し合っていて、そんな悪徳業者ではないと感じているでしょうが、最後の最後まで気を抜かないでください。

5-6.買取り代金の受け取り&一棟マンションの引き渡し

【あなたがすること】
(1)買取り業者から一棟マンションの買取り代金を受け取る
(2)同時に買取り業者へ一棟マンションを引き渡す
(3)司法書士に一棟マンションの所有権移転登記をしてもらう

売買契約を締結したら、買取り代金を受け取って一棟マンションを引き渡します。

そして司法書士に依頼して一棟マンションの所有権を移転登記してもらいましょう。この辺りの段取りは買取り業者が教えてくれるので、覚えておかなくても大丈夫です。

これで一棟マンションは買取り業者のものとなりました。負債から解放されて、きっと肩の荷が下りたことでしょう。お疲れさまでした。

5-7.一棟マンションの売却益には譲渡所得税がかかる

【あなたがすること】
(1)一棟マンションの売却に要した経費資料をまとめておく
(2)一棟マンションの売却益に対して譲渡所得税を確定申告する

一棟マンションを買取りに出して、その売却益が出た場合は確定申告をしなければなりません。

確定申告の時期は一棟マンションを買取りに出した翌年の2月15日~3月15日までの1ヶ月間。他の所得などと一緒に税務署へ確定申告を行いましょう。

ここまでやって初めて、一棟マンションの買取りはが完結です。完了したと言えるでしょう。

6.一棟マンションにかかる相続税は?

さて、一棟マンションを相続すると、どのくらいの相続税がかかるのでしょうか?

相続税は一棟マンションだけでなく、相続した財産の全体に対して課税されます。
なので一棟マンションの相続税という観点はナンセンスです。

また仮に一棟マンションだけを相続した場合でも、相続税の計算は複雑ですから、ここでは概論的な話にとどめておきます。

6-1.相続税の納付期限は10ヶ月以内

相続税の納付期限は、相続が発生したことを知った日の翌日からカウントして10ヶ月以内となります。

相続税の起算日を「知った日」としているのは、死亡日時が判然としない場合や、死後しばらくしてから相続発生の事実を知るケースも想定しているためです。

死後9ヶ月が経った時点でいきなり「来月までに相続税を納付してください」などと言われても現実的に時間が足りません。

だから「相続の事実を知りましたよね。10ヶ月の猶予をあげますから相続税を納付してください」としているのです。

しかし10ヶ月あるからと言って、決してのんびりはできないでしょう。
むしろ相続人同士で争族問題が発生した日には、もめにもめた挙句に納期限ギリギリとなってしまいがちです。

また、相続税が払えない場合は一棟マンションをすぐにも現金化したいところ。買取り業者に相談するなど、早めの行動をおすすめします。

6-2.相続税は現金一括納付が原則

原則的に、相続税は現金一括で納付しなければなりません。何百万から何千万という金額を現金で用意しなければならないのは、かなりの負担になるでしょう。

せっかく一棟マンションを相続しようと思ったのに、相続税が納付できないから泣く泣く一棟マンションを買取りに出した事例もたくさんあります。

どうしても相続税の現金一括納付が困難な場合に限っては、延納(分割納付)や物納(一棟マンションを現物で納付)が認められるケースもなくはありません。

しかし、一棟マンションの延納や物納は非常にハードルが高く、結果的にお金を借入してでも現金一括で納付した方が得だったというパターンもあります。

▲相続税の物納について詳しく解説しているページです。こちらもどうぞ!

7.一棟マンションを放置するリスクやトラブル事例は?

さて、一棟マンションを買取りに出したいと思いながら、放置している方は少なくないと思います。

ここでは一棟マンションを放置し続けた場合に想定されるリスクやトラブル事例などを解説しておきましょう。

7-1.経年劣化によるコスト増

人間の身体もそうですが、病気になってから慌てて治療するよりも、事前に予防した方が圧倒的に安く済ませられます。

一棟マンションについても、日ごろからメンテナンスしておけば、費用もそこまで高くはつきません。

しかしその費用が出せないから放置してしまうわけで、劣化が進行するほど手が出せなくなってしまいます。

どうしようもなくなってしまう前に、一棟マンションのメンテナンスか買取りを決断するのがおすすめです。

7-2.経年劣化による賃料引き下げ圧力

一棟マンションが経年劣化していけば、入居者から賃料を引き下げるよう要求されるかも知れません。

「設備が旧式なので不便だ」「新しくするか、我慢させるなら賃料を引き下げてほしい」……などなど、こちらの苦しい懐事情窮状も知らず、好き放題に言ってくることでしょう。

ここで安易に賃料を引き下げると、収益が減ってメンテナンスやリニューアルの資金が確保できなくなってしまいます。

判断を誤れば一気に負のスパイラルへと陥っていく瀬戸際。一人で悩まず、プロフェッショナルのアドバイスやサポートを受けるのがおすすめです。

7-3.入居者のモラル悪化・トラブル増加

老朽化した一棟マンションが経年劣化を賃料値下げで入居者を引き留めよう対応しようとしても、限界があります。

一戸また一戸と空室が増えてくると、どういう訳か入居者のモラルが低下していくものです。

モラルが低下すれば当然トラブルが増加します。これまでに筆者が遭遇したオーナーがたの事例を見てみましょう。

  • ゴミ出し等ルールが杜撰になる(日本語が読めない、話が通じないなど)
  • 空室に部外者がもぐり込む(ホームレス、犯罪者など)
  • 共用部が汚される(ガラス破損、落書き、嘔吐、排泄など)
  • 共用部を物置にされる(タイヤ、粗大ごみなど)
  • 共用部の備品が盗まれる、壊される(蛍光灯、消火器など)
  • 賃料の滞納がかさむ。支払い督促にも応じない(最悪、訴訟になることも)
  • 入居者同士が喧嘩し、暴力事件に発展……etc。

十分な資金がないと、一棟マンションの管理もおろそかになりがちです。

トラブルが一棟マンションの中だけでなく、近隣の皆さんにまでご迷惑をかけてしまう前に、手を打たねばなりません。

7-4.気がつけば資産から負債に

老朽化して賃料も安く、空室が増えてトラブルが続発……こうなると一棟マンションはもはや収益を生み出す資産ではなく、支出を増大させる負債になってしまいます。

というより、そういう状態になってから一棟マンションを押しつけらr……もとい相続した方は少なくないのではないでしょうか。

このまま一棟マンションを抱えていても、お金が出ていってしまうばかりです。

手遅れになってしまわないうちに、当社ドリームプランニングに買取りをご相談いただければ、お客様にとってベストな提案をさせていただきます!

7-5.古くなるほど売れなくなる

賃料やトラブルのリスク以外にも、一棟マンションは築年数が古くなるほど売却が難しくなります。

既にご説明した要因以外にも、古いというだけで買主の心理的ハードルが上がりますし、何より3-2でもご説明しているように、古くなるほどローンが組みにくくなるため、売却も難しくなります。

ドリームプランニングのような会社であれば築年数が古くても買取れますが、基本的には築30年を超えてくると一棟マンションの売却は難しくなってきます。

8.神奈川県の一棟マンション買取りなら、URUHOMEへご相談を

以上、神奈川県の一棟マンション買取り業者をはじめ、業者の選び方・見極め方などについても解説してまいりました。

一棟マンションのことでお悩みでしたら、当サイトURUHOMEを運営するドリームプランニングへご相談くださいませ。

先ほども紹介したとおり、当社は2005年の創業いらい神奈川・東京をはじめ日本全国各地の一棟マンション買取りに取り組んでまいりました。今回も、お客様のお悩み解決に役立てることと思います。

一棟マンションの買取り査定は完全無料。最速のケースではご連絡いただいてから2時間で査定完了、2日で売却できました。

神奈川県内の一棟マンション買取りは、まず当社ドリームプランニングへ相談くださいませ。

一棟マンションの買取りなら、URUHOMEへご相談を
一棟マンションの買取りならURUHOMEにお任せ!
最短2時間で査定可能!高値買取いたします
一棟マンションの買取りを電話で相談
一棟マンションの買取りをメールで相談