山林

山林の利用方法【活用方法4選と注意点】



山林を所有されていてどのように使うか知りたい方に、詳しく解説!

山林を所有されていたり、将来的に購入を考えていて、どのような利用方法があるか気になっていらっしゃる方はこの記事をお読みいただければ、山林の活用方法について誰よりも詳しくなるはずです。
また、山林活用の際の注意点についても具体的な事例を交えて解説いたします。

1.山林の活用方法

1-1.太陽光発電

山林を利用する場合、太陽光発電に利用される方も多くいらっしゃいます。土地が安く、近隣に建物が建てられる可能性も少ないケースが多いのが良い所です。

しかし、土砂災害の可能性や、林地開発許可などの申請も必要になる事、造成費用がなどがかかるので、デメリットを見越して利用するようにしたほうが良いでしょう。また、山林を造成して太陽光発電を始めると固定資産税が上がるので注意しましょう。

1ha以上の民有林を開発(土地の掘削、盛土)する際に、あらかじめ都道府県知事計画を申請し許可を得る制度。

1-2.間伐材を利用してバイオマス発電などに利用する

「バイオマス」は、生物資源(bio)の量(mass)を表す言葉であり、再生可能な資源のを指します。木材からなるバイオマスのことを”木質バイオマス”と呼び、樹木の伐採や造材のときに発生した間伐材などを利用できます。

間伐や主伐により伐採された木材のうち、未利用のまま林地に残置されている間伐材などは年間約2,000万立方メートルもあり、これを発電に利用することにより、廃棄物の発生を抑制したり、新しい事業による山村地域の活性化なども期待されています。

個人でバイオマス発電をするには1kwあたり100万円位の初期費用が必要なため、一般的には始めるために数十億円は必要になります。

1-3.山林でキャンプなどをして楽しむ

山林の活用方法としては、上記のような発電より、こちらのほうが一般的かも知れませんが、近年のキャンプブームで山林を購入する方が増えています。自分で山を所有していて、そこでキャンプするというと聞こえはいいですが、別荘と同じで山林は直ぐに草も生えますし、野生動物と遭遇することもあります。

1-4.山林をレジャー施設や自治体、法人に貸す

山林は立地によってレジャー施設などとして事業者に貸したりする事も可能です。無償となってしまいますが、自治体に利用してもらう事も一つの利用方法です。また、事業として樹木を利用するような法人(工務店や工芸品)などが山林を借り受けてくれることもあります。

2.山林活用の際の注意点

2-1.太陽光発電は初期費用がかなり必要です。

太陽光発電の初期費用は、1kwあたり30万円位(10kw以上の発電)、そして設置には300㎡以上は必要とした場合、10㎡あたり1kwと計算すると、30kw×30万円=900万円もの初期費用が必要となる計算になります。

平成21年から国が買取をしてくれる制度が出来ましたが、それでも導入比率が諸外国より低いのはシステム導入費用が欧米に比べ2倍程度高いからという理由があります。

2-2.地域森林計画の森林は伐採の時に届出が必要

地域森林計画の対象となっている民有林は伐採の際届け出が必要です。この届出制度は、森林の伐採や伐採後の造林が適正に行われるよう届け出が必要になっております。対象の民有林の伐採をするときには、自治体の農林水産課などに届け出をします。

また、平成23年4月の森林法改正によって、森林の土地の所有者となった際に市町村長への事後届出が必要になりました。売買や相続等により森林の土地を新たに取得した時には、面積に関わらず届出をしなければなりません。(国土利用計画法に基づく土地売買契約の届出を提出している方は対象外)

地域森林計画の民有林は林地開発許可制度といって、1ha以上の開発行為などの際に都道府県知事の許可が必要になります。

2-3.保安林に指定されると立木の伐採に許可が必要

 保安林とは、土砂の崩壊や生活環境の保全・形成等の為、農林水産大臣又は都道府県知事によって指定される森林です。保安林では、それぞれの目的に沿った森林の機能を確保するため、立木の伐採や土地の形質の変更等が規制されます。

保安林に指定されると、立木の伐採や土地形質の変更には都道府県知事の許可が必要になります。

2-4.森林を所有した場合、届け出が必要

平成23年4月の森林法改正によって、森林の土地の所有者となった際に市町村長への事後届出が必要になりました。売買や相続等により森林の土地を新たに取得した時には、面積に関わらず届出をしなければなりません。(国土利用計画法に基づく土地売買契約の届出を提出している方は対象外)

山林を購入したり、活用したりするうえで、地域森林計画などに指定されていると届け出が必要になる事もありますので、購入、利用の際には注意するようにしましょう。利用方法でお悩みの事があれば”ニッチな不動産”で有名な「URUHOME」までお気軽にご相談くださいませ。

URUHOME
BY
DREAMPLANNING CO.,LTD.
ニッチ不動産のプロである私達が
お困りの不動産を高値買取いたします
再建築不可
CAN NOT BE REBUILT
底地・借地
LAND・LEASED LAND
市街化調整区域
URBANIZATION CONTROL AREA
私道・階段
PRIVATE ROAD
Slider